株式会社ティー・アイ・シー ソフトウェア・システム開発及び保守
富士通コアパートナー

Company企業情報

History沿革

1972年 1月 株式会社イハシのシステム部門を分離・独立させ、株式会社東部情報処理センターを設立
大型コンピューターを導入し、受託計算の営業を開始
1973年 8月 FACOMセンター協議会(現FCA)に加盟
1983年 4月 ソフトウエア開発事業開始
1985年 4月 社名を株式会社ティー・アイ・シーに変更
資本金2,000万円に増資
5月 昭和シェル石油株式会社の指定センターに認定
1992年 4月 自社パッケージソフト開発・販売開始「公営住宅管理」
6月 富士通株式会社とパートナー契約締結
1993年 10月 埼玉県情報サービス産業協会に加盟
1998年 7月 自社パッケージソフト開発・販売開始「公文書管理」
10月 パッケージソリューション事業開始
1999年 4月 Webインテグレーション事業開始
2000年 7月 本社社屋を南越谷に移転 (オフィス環境、電算室整備・拡張)
2001年 11月 株式会社富士通システムソリューションズ(現 富士通)と資本提携 資本金1億円に増資
2002年 1月 創立30周年
2月 プライバシーマーク取得
2006年 4月 金融・流通業システム開発事業開始
2010年 10月 医療分野に参入
2012年 1月 創立40周年
2014年 5月 富士通グループ・コアパートナー認定
2018年 8月 埼玉県 多様な働き方実践企業 ゴールド認定
2019年 6月 「はばたく中小企業・小規模事業者300社」認定
2020年 6月 くるみん認定
2020年 12月 いのちを大切にする「テレワーク実践企業」認定
2021年 3月 埼玉県健康経営実践事業所認定
2022年 1月 創立50周年
2022年 2月 健康経営優良法人(大規模法人部門)認定
2023年 12月 埼玉県 多様な働き方実践企業 プラチナ認定